本文へスキップ

バットレス・スタビライゼーション - Part IV

バットレス安定化装置と技術に関する4部作のうちの第4部です。 前回までは、サイドレスト型乗用車のバットレス安定化について、かなり広範囲に渡って解説してきました。 今回は、ルーフレスト型乗用車のバットレス安定化について説明します。 前回のバットレス安定化に関する基本的なコンセプトはそのまま引き継ぎますので、改めて説明することはありません。

乗用車のルーフレストにおけるバットレスの安定化乗用車のルーフレストにおけるバットレスの安定化

乗用車のルーフレストは、安定化という点では難しい状況にあります。 安定化作業には、迅速で簡単な解決策が必要です。 安定化作業に費やす時間は、脱出や患者のケアに費やす時間ではありません。 見落とされがちなのは、迅速で簡単な方法のほとんどが、乗員コンパートメントに干渉するため、脱出の選択肢が制限されることです。 これらの方法の多くは、拘束用ストラップを後部座席の柱に取り付けたり、ストラップをドアから車台まで伝わったりするものです。 ルーフレスト車のもうひとつの問題は、安定化スタンドを最も置きたい場所が、最も購入しにくい場所であることです。 多くの場合、車のエンジン重量によってノーズが下がり、リアが上がっているため、プロップの先端が噛み合わず、傾斜のある滑りやすい路面になっているのです。 この後、新しいテクニックを紹介します。このテクニックは、素早く、簡単で、プロップの取り付けを探す必要がなく、パッセンジャーコンパートメントに障害物がないため、アクセスオプションがオープンなままです。

乗用車のルーフレストにおけるバットレスの安定化例えば、一般的なセダンの後部には、スタンドの取り付けが可能な強固な場所がほとんどありません。 例えば、フェンダーライトのノックアウト、ガス注入口、リアトランクの壁、テールライトのノックアウト、いくつかのバンパーやバンパーサポートなどが、購入の対象となります。 通常、リアフェンダーのライトを打ち抜くと、フェンダーに穴が空いた状態になります。 衝突による車両の状態、錆、材料構成によっては、車両の「遊び」を取り除くのに十分な購入量を得ることができるかもしれませんが、垂直方向のサポートが必要な場合、フェンダーが唯一の購入品となる場合は、板金やプラスチックで問題になる可能性があります。 ガス注入口のドアを開けると、良い買い物ができます。

残念ながら、片側にしか付いていませんが、両側に付いている車もあると聞いたことがありますが、それは稀な例外です。 これ以上トラブルを起こさないためにも、フィルキャップはつけたままにしておくことをお勧めします。 燃料が漏れている場合は、その対処が必要です。 金属製のスタンドを金属製のフェンダーに当てると、発火する可能性があります。 トランク後部の壁は、通常、チャンネルタイプのエンドフィッティングのための良いグリップを提供します。 しかし、トランクの蓋がない限り、それを得ることはしばしば困難である。 バンパーには、さまざまな形や素材があります。 いくつかは強力であり、いくつかは弱いです。 バンパーの支えもかなり違います。 どのようなものであれ、適用する荷重を支えることができることを確認してください。

手っ取り早いのは、スタンドを後方に1本立て、Aポストの前にステップブロッキングやウェッジを併用する方法です。 これは基本的に3点の安定性を提供します。 しかし、そのうちの2点、ウェッジは車両の重心に対して低い位置にあり、車両の「フットプリント」を増加させることはほとんどありません。 サイドレストと比較すると、重心がかなり低く、フットプリントももともと広いことに注意してください。 しかし、ウェッジは接地性を高めます。 このタイプのセットアップの利点は、支柱の購入が通常、後部トランクの壁または固体バンパーと強固なものであり、ベースが十分に抑制されていることです。 このタイプのセットアップには、いくつかのデメリットがあります。 ベースを適切に拘束するために、ストラップはリアポストに引っ掛けるか、サイドから足回りまで走らせることになります。 後方支柱に取り付けると、状況によってはルーフの取り外しが困難になることがあります。 また、ドアの前でストラップを上げると、サイドからのアクセスが制限されます。 また、スタンドが車体後部の中央にあるため、リヤウインドウへのアクセスが妨げられます。

もう一つの方法は、A'ポストの前にウェッジで再び各フェンダーにスタンドを適用することです。 うまく購入すれば、これで十分な安定性を得ることができます。 このセットアップでは、一方のスタンドのベースストラップが反対側のスタンドのベースに接続されています。 このセットアップの欠点は、前述の購入の難しさと、ベースが可能な限り完全に拘束されていないことです。 車体のスライドを抑制できれば、ベースの横方向の抑制不足は問題にならないことが多いようです。 また、車室内に比較的大きな障害物がないこともメリットです。

非常に堅実な方法は、前の2つの方法を組み合わせることです。 これで、両リアフェンダーにスタンド、リアセンターにスタンド、そしてA'ポストのウェッジクリビングが出来上がりました。 拘束ストラップはいくつかの異なる方法で構成することができます。 1つのストラップ構成は、フェンダーのスタンドベースをリアスタンドとは別に互いにストラップし、リアスタンドベースを「J」フックを使ってリアルーフの支柱にストラップする方法です。 もう一つの方法は、リアスタンドをフェンダースタンドに固定し、フェンダースタンドをリアポストに固定する方法です。 さらに、フェンダースタンド同士をストラップで固定することもできます。 この場合、リアポストに接続されたストラップを車の前方に移動させ、乗員コンパートメントを遮らないようにすることができます。 最終的なストラップの構成は、脱出の選択肢を広げてくれますが、迅速かつ強固なスタンドの係合を見つけるという困難が残されています。 安定化は、前2つの方法のどちらかで始まり、欠けている部品を追加することでここに行き着く可能性があることに注意してください。

次の屋根休息安定化工法は、次のような目標を掲げて開発されました。次の屋根休息安定化工法は、次のような目的で開発されました。

  • 車両の構造、材料、デザインに依存しないフェンダーでのユニバーサルなスタンド係合を提供する。
  • 患者のアクセスに支障がないようにする。
  • 可能な限りの脱出方法を用意しておくこと。
  • しっかりとした安定性を提供する。
  • わかりやすい。
  • クイックセットアップ

さて、時間はかかりましたが、これらの目標に限りなく近づくことができたかもしれません。 セプコツール社で開発された技術は、次のような簡単な手順で行われます。

  1. 各リアフェンダーに専用のチェーングラブ用エンドフィッティングを装着したリーンバットレススタンド。
  2. 車体後部のスタンドからスタンドへ、左右の車台までチェーンを走らせ、たるみを取る。
  3. たるみを締め、ラチェットストラップでチェーンの一端から足回りのチェーンのもう一端まで、フェンダーにエンドフィッティングを引っ張る。 注:ラチェットストラップが高温の排気管などに接触することが懸念される場合は、トランクリッドの下でチェーンを束ねることができる。 また、チェーンを束ねるストラップは、チェーンバインダーやcome alongなどで代用することができる。
  4. トランクリッド付近のチェーンにラチェットストラップを取り付け、ホイールアセンブリの前の車台まで走らせて、チェーンが車体後部から滑り落ちないようにします(スイングアームのピボットポイントが適している場合があります)。
  5. 基部にラチェットストラップを取り付け、締め付けます。
  6. 各A'ポストの前にウェッジなどを置く。

次の屋根休息安定化工法は、次のような目標を掲げて開発されました。紙の上では、たくさんの手順があるように聞こえます。 しかし、実際には2分ほどで完了します。 スタンドをどのように設置するか、車両にどのように荷重をかけるか、患者の乗降を妨げないように安定させるかなど、考える必要はほとんどないのです。

車体後部中央に3本目のスタンドが必要な場合は、いつでも追加することができます。 この場合、3本目のスタンドのストラップは、フェンダースタンドのベースに取り付けることができます。フェンダースタンド同士に加え、フェンダースタンドのベースから車両前方までストラップを走らせる。 このような構成にすることで、助手席にはストラップが取り付けられないようにすることができます。

ここで説明するテクニックは、必ずしも状況に適合するとは限りません。 地面の状態、障害物、車両の種類、車両の状態によっては、ここに記載されたとおりの安定化ができない場合があります。 しかし、ここで紹介した方法は、救助隊が作業を開始するための良い出発点となります。

この記事で使用した機器に関する追加情報をご希望の場合は、次の Web サイトにアクセスしてください: www.cepcotool.com または、次の宛先まで書面にてご連絡ください。Cepco Tool Company, Post Office Box 700, Spencer, NY 14883. © 2001, Cepco Tool Company.

今すぐ無料デモをご予約ください。

使いやすい車両安定化・昇降ストラットのご購入をお考えですか? 購入の前にデモをしたいですか?

このドキュメントを見るにはログインしてください

アカウントをお持ちでない方 クリックすると登録されます。

パスワードをお忘れの方
jaJapanese
このページのトップへ